EPAやDHAの効果とサプリメントについて

EPAやDHAの効果とサプリメントについて

EPAとDHAは最近サプリメントなどでよく売られている、体にとって必要な栄養素の一つです。

DHAもEPAも体内で生成することはできませんので、サプリメントや青魚などから摂取する必要があるものです。近年では日本人の食事は和食離れの傾向があり、魚を食べなくなっています。魚の摂取量の減少と反比例するように、心筋梗塞や脳梗塞は増えています。

EPAやDHAなどの主成分である不飽和脂肪酸は、血液中の中性脂肪やコレステロールなど、血管を詰まらせる原因物質を抑える効果があります。DHAやEPAをサプリメントなどで摂取することにより、血中コレステロールを下げてメタボリック予防に役立てようという人も少なくないようです。

特にEPAはDHAと比較すると、悪玉コレステロールを防ぐ作用は少なめですが、中性脂肪を抑制する効果はより高めです。医学面からもEPAの作用は評価されており、高脂血症治療にも用いられています。少し前までは、EPAやDHAは特に意識せずとも取り入れられる栄養素でした。

食の欧米化が進み、魚を食べる機会が減ってきた現代の我々には、DHAやEPAのサプリメントはとても有益な存在です。食事から栄養を摂取すると少なからずのカロリーも取ってしまいますが、サプリメントではその心配もありません。

薬ではなく食品であるサプリメントでDHAやEPAを摂取しても、副作用を警戒することはありません。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});