コレステロールを下げる効果のあるDHAとEPAを主成分とするサプリメント

コレステロールを下げる効果のあるDHAとEPAを主成分とするサプリメント

健康診断の際に血液検査を行うと、コレステロール値を知ることができます。

コレステロールには善玉コレステロールと、悪玉コレステロールがあり、その合計値が総コレステロールと呼ばれています。脂質異常症とは、善玉コレステロールが少なすぎる場合や、悪玉コレステロールが多すぎる場合に診断される症例であり、冠動脈疾患が起きやすくなるという、生活習慣病の一つです。

場合によっては、健康診断の結果を受けて悪玉コレステロールを下げなければいけなくなり、病院に行かざるを得ないこともあります。規定値の範囲内にコレステロール値がおさまっていた場合でも、不摂生な生活を続けていれば体調悪化につながることがありますので、節制が必要です。

このコレステロール値を下げる成分は青魚に含まれていますが、一般的な食事では、どうしても不足しがちとなります。そのため、コレステロールを調整するために、魚油に含まれるDHAやEPAをサプリメントで継続的に摂取するという方法があります。

血中のコレステロールが多いと、血液がドロドロの状態になります。脂質異常症の改善にはドロドロの血液をさらさらにする必要があり、そのためにDHAやEPAサプリメントを使うわけです。食事だけでは不足しがちな栄養素が摂取できるサプリメントは食品に分類されており、副作用のリスクもわずかです。

年をとると代謝が落ちてカロリーを燃やしづらい体になるため、若い頃のままの食事をしているとコレステロール増加を引き起こします。年をとってから困ったことにならないように、今からサプリメントを利用している方もいます。

実はコレステロール値が異常領域にあったとしても、自覚症状はほとんどないので、普段の生活から気を配る必要があります。気づいたらコレステロールの値がオーバーしていたということがないように、サプリメントを上手に使いましょう



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});