ヒアルロン酸とコラーゲン

ヒアルロン酸とコラーゲン

美容成分として知名度の高いコラーゲンやヒアルロン酸は、関節痛や乾燥肌にいいとされています。

体内に取り入れると何が起きるのか、コラーゲンやヒアルロン酸について知っておきましょう。関節、皮膚、目など、ヒアルロン酸は元々体の様々な部位に存在しているものです。たくさんの水分が含まれていてとてもやわらかいので、皮膚の弾力をつけたり、骨の関節部分では潤滑油のような働きをします

生まれた直後が最もヒアルロン酸が多く、成長するにつれて減少していきます。体内のヒアルロン酸が少なくなると体の保水力が低下し、皮膚は水分を失って乾きがちになり、しわやシミが増えます。生命現象に密接な関わりがあるたんぱく質は、そのうち3割がコラーゲンです。コラーゲンがたくさん含まれるのは軟骨や骨、靱帯です。コラーゲンは体中にあるたくさんの細胞同士をつなぐ役割と、弾力と強度に優れています。

細胞や、器官をつなぐ個所に使われています。ヒアルロン酸が年を重ねる度に減っていくように、コラーゲンも体内から失われていきます。それだけでなく、体内に存在するコラーゲンも年と共に劣化してしまうといいます。時間の経ったコラーゲンがなくならないと新たなコラーゲンはできてきませんので、肌は弾力性を失って代謝も悪くなってしまいます。

肌の健康だけてなく、関節や靱帯にとってもヒアルロン酸やコラーゲンは欠かせない成分です。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});