紫外線のカット効果と肌のしみについて

紫外線のカット効果と肌のしみについて

紫外線が及ぼすお肌への作用をカットすることで、お肌のシミ対策を実践することが可能になります。

強い紫外線を皮膚に浴びれば浴びるほど、肌が受けるダメージは甚大になりますので、屋外で活動する時は要注意です。強い紫外線を皮膚に浴びると、細胞の中にあるメラニン色素が増加して、お肌が日焼けによって黒くなります。本来、時間の経過と共にメラニン色素は代謝されるものですが、代謝が追いつかないことがあります。

体外に排出しきれなかったメラニン色素が皮膚にいつまでも残っていると、シミ状になります。お肌にシミができないようにするには、そもそも紫外線を浴びないようにすることが大事です。一度お肌にシミができてしまうと、修正ペンを使ってなくすということはできません。

そのため、最初から肌にしみができないように、ガード策を講じておくことが大事です。かつては、太陽光を積極的に体に浴びたほうが健康にもよく、丈夫な体になれるものだと考えられていました。近年では、強い紫外線を浴びると皮膚によくない作用があるということが、紹介されてきています。明るい太陽のもとで、日差しを楽しむという考え方もありますが、紫外線が強すぎて肌を傷めては残念なことになります。

何の手立ても講じずにいると、お肌のしみはますます濃くなってしまいますので、普段から紫外線カットを心がけていきましょう。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});