美白効果のある美肌クリームの種類と商品を選ぶ際のポイントについて

美白効果のある美肌クリームの種類と商品を選ぶ際のポイントについて

美肌クリームと言うと、多くの商品が美白成分を含んでいます。

美白成分は、シミやくすみを目立たなくする効果が期待されるため、スキンケア用品によく使われますが、皮膚を過度に刺激してしまう場合があります。自分の肌に合ったものでないと肌への刺激が強くなり、美肌どころかシミが濃くなってしまう可能性もあります。

自分の肌タイプに合う美肌クリームを選択することは、スキンケア用品を揃える時には大事です。厚生労働省が美白成分として認めたものが含まれている基礎化粧品は医薬部外品扱いとなり、美白効果が記載されています。美肌クリームを選択する時には、医薬部外品と記載がされているものにすれば、安全性も保証されており、美白効果も期待できます。

厚生労働省が認めている美白成分には幾つかの種類があるので、しっかり理解しておく必要があります。しみやくすみの原因になっているメラニン色素の排出を助ける成分として定番のものは、ビタミンC誘導体であり、色々な商品に使われています。アルブチンは、シミを予防する成分として美肌クリームには欠かせないもので、メラニン色素の生成を抑える効果が期待できます。

輸入物の美肌クリームは、美肌成分や美白成分の量はとても高いものが多いですが、副作用などのリスクも高くなりがちです。海外の商品は自己裁量で使用することになりますが、国内では安全性が認められていない成分が入っていることもあります。

日本でつくった商品でなければ医薬部外品の印はついていませんので、比較的信頼して利用できます。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});