子供のための紫外線対策について

子供のための紫外線対策について

幼少期の頃から、きちんと紫外線対策をすることが望ましいでしょう。

未だ完成していない子供の皮膚は、大人皮膚ほどの丈夫さはありませんし、紫外線を浴びるた時に受ける影響も大きくなります。きちんと紫外線対策をしないで幼少期を過ごしていると、白内障になったり、皮膚がんになったりということがありえます。幼いころから紫外線対策に万全を期しておくことで、紫外線からお肌をガードすることが可能です。

野外で子供が遊ぶ時には、事前に日焼け止めクリームを塗るなどのケアが重要になります。紫外線カットクリームで、紫外線がお肌に届かないようにしておくこともできます。大人が使う日焼け止めクリームではなく、子供の皮膚のために製造されたクリームもあります。アトピーのせいで肌に炎症が起きているような子供でも、使えるような日焼け止めクリームも販売されています。

炎症のある場所への紫外線は悪影響になりますので、お肌への刺激がマイルドな日焼け止めクリームが必要です。できるだけ多くの紫外線をカットしたいなら、クリームと併用して、帽子や、眼鏡を使うといいでしょう。紫外線が肌に到達しないように、UVカット効果がある製品かどうか、購入時にチェックしてください。

かつてと比較しても、小さなうちから使えるような紫外線対策クリームや、紫外線防御用の帽子や眼鏡の種類も多様化しています。




(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});