ランニングダイエットの手順

ランニングダイエットの手順

ランニングによってダイエットを行う場合、ちょっとしか走らないという状態ではダイエットになりません。

有酸素運動は、始めてから大体15分くらいしなければ脂肪が燃焼されないからです。ダイエットを目指すなら、20分以上はランニングを行うようにしましょう。急に激しい運動をすると体に負荷がかかりますので、ウォーミングアップは行いましょう。

ダイエットにいい時間帯は特にありませんが、ランニングは早朝にしている人をよく見かけます。早朝ランニングであれば、仕事や約束事の関係で予定が入る心配も少なく、土日でなくても時間が作れるという人はたくさんいます。たいていの人が寝ている時間帯なら、人目も気になりません。

予定したランニングの前後には軽いストレッチを挟むことで、急激な運動による負担を軽減できます。冬場など、寒い時の急激な運動は、凝り固まった筋肉への負担が大きくなりますので、アキレス腱のストレッチやももあげ運動でまず筋肉に血を巡らせます。ランニングが終わった時に急に動きをストップすると心臓や体の諸機能がびっくりするので、筋肉をなだめるためにもクールダウンを行います。

しばらく歩くなどして、心機能が平常になるようにしていきましょう。

ランニングは、特別な技術がなくてもできる手軽なダイエット方法ですが、いくつかのポイントを守ることで効果的なダイエットができるようになります。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});