おにぎりダイエットの方法

おにぎりダイエットの方法

どのような方法でおにぎりダイエットをすれば良いのでしょうか。

野菜、魚中心のバランスの取れた食事と適度な運動は、ダイエットの基本とされているようです。現在炭水化物はダイエットの天敵のような考え方が浸透しており、その理由は体に取り込んだ後に糖分へと変化するからのようです。炭水化物を使うおにぎりダイエットには、斬新なイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

お米にはタンパク質とでんぷん質が多く含まれているため、体を動かすエネルギー源となり、長続きするのです。1日2合分のお米で、昆布や梅などのおにぎりを作り食べることが、おにぎりダイエットの基本になります。自宅に居る時には同量のお米を普通に食べるというのが、おにぎりダイエットの内容です。

おにぎりダイエットを実践している時に気をつけなければならないのは、甘いものや脂っこいものは避け、おにぎりの具はあっさりした物で、お酒は飲まないことです。おにぎりダイエットでは、お味噌汁、野菜は食べても良いとされています。野菜にかけるのは塩やポン酢などで、ドレッシングは使用しないようにします。

さらにおにぎりダイエットの効果がでるのを早めるには、1週間に1日はプチ断食といわれる、何も食べない日を設けることです。栄養面で不足しがちなミネラル分などについてはサプリメントなどで補うことも重要とされています。

このようなおにぎりダイエットにだけではなく、健康管理はダイエット中に必要なことです。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});