就職のお礼状の内容

就職のお礼状の内容

採用通知を受け取ったことに対する感謝の思いを言葉にすることが、就職の際に書くお礼状のスタイルです。

お礼の内容を書いた後には、自分が入社することに対する意気込みやこれからの抱負などを中心に書きます。自分と同じタイミングで、同じようなお礼状を書く人がいるだろうことを踏まえて、簡潔におさめましょう。お礼の言葉を手紙に書く場合、何を書くものなのか、全くわからないと困ってしまうこともあります。

最近は、インターネットや就職情報誌に就職のお礼状の書き方やサンプル文章があります。書き方に迷ったら、参考にしてみるといいでしょう。お礼状のフレーズは、心からの言葉であることが望ましいので、例文を引き写してお礼状を仕上げることは、いいことではありません。

サンプル文章をもとに自分なりの言葉に書き換えてみたり、会社の仕事内容なども文章に組み込んでみるのもいいでしょう。お礼状の例文集を丸写しするようなことだけはさけましょう。もし、面接や会社見学の時に見聞きしたことで、強く印象に残っていることがあれば、お礼状の中に入れるといいでしょう。

誤った文字や表現を入れてしまった場合、修正液で消したり、一画書き足して正しい文字にしてしまおうとせず、きちんと書き直してください。最も注意をしてほしいことに担当者名や部署名などの固有名詞があります。

固有名詞を書き損じることは、相手の印象を大幅に損ねますので、名前や固有名詞は、常に正しいものを書くようにします。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});