就職の選考過程と適性検査について

就職の選考過程と適性検査について

就職試験を受ける時には、適性試験を初めとして複数の選考を受けます。

就職活動で採用通知をもらうには、適性検査だけでなく、面接やエントリーシートによる選考、ディスカッション形式の試験などの段階があります。選考過程での結果に一貫性がないとなかなか良い結果に結びつきません。特に人気企業になると応募者だけでも何千人、何万人にもなる為、ほぼ確実に受かりません。

適性検査では沈思黙考型でまず人の話をよく聞くと出たにもかかわらず、実際は口数が多く聞くよりまず話すタイプだったとします。そのような場合、本当はよく話す人だったのに適性検査では答えを偽るか不正確なことを言って結果を狂わせた可能性があるわけです。違った結果が出たケースでは、しばしばエントリーシートの時点で落ちてしまいます。

理由は就職適性検査の結果とエントリーシートの内容に一貫性がなく、人物像がはっきりしないということです。書類審査の段階で不適格と判断され非常に不利に状況になってしまうでしょう。就職試験の第一段階である書類選考で無事に残るためには、各書類の内容と適性検査の内容が一致していることは大前提です

倍率の高い大企業で採用されるためには、適性検査、面接、自己PRそれぞれが食い違わないように注意しながら、会社にアピールしたい人物像を提示することです。一貫性をもつことに気をつけるだけでも、希望の企業の内定をグンと近づけることができるでしょう。

ネット上で無料で受けられる適性検査もありますので、まずは自分の適性をしっかり把握しましょう。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});