パートの仕事をするときには

パートの仕事をするときには

パート労働の欠点は、雇用状態が保証されておらず、契約を切られる可能性があることや正社員ほどの給与がもらえないことがあります。

日本の経済がなかなか上向かない現状では、企業は正社員を増やすより、パートや非正規労働者を増やす傾向があります。ボーナスはもらえず、給与は安く、契約期間は短いという待遇条件に対して妥協ができるかが、パートで働く人が迷うところです

労働基準法は、労働者の最低条件に保証するという目的がありますが、そこではパート従業者も労働者として、一定の権利を認めています。待遇が恵まれている正社員もパート社員も、同じ労働者であることに変わりありません。法律では変わりがないとしても、世間一般的には、パートは腰掛け的な仕事というイメージが先行してしまっていることは事実です。

雇用の形はパートでも、正社員と同じくらいに重視されていて、金銭出納などの重要な仕事をこなしているパートもいます。仕事の内容だけでその人の価値をはかることはできませんが、会社がどの程度その人をあてにしているかは、どうしても個人差が出るようになるものです。仮にパートで採用されたら、正社員と違う部分を明確にして、パートが期待されている範囲で動くといいでしょう。

労働契約法が改正されたことにより、5年連続で働いている人は、当人がそれを望んだ場合は無期雇用化しなければいけないと定められています。法律があっても会社側は抵触しないように5年未満で雇用を打ち切り、お休みをさせてから復職させるなど、法には抜け道があるのが現状のようです。

短時間労働となっているパートの仕事でも、有給休暇を取得することができますが、経営者自身が知らない場合もあるので、自分の身を守るためにも基本的な法律は調べておきましょう。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});