就職面接で想定される質問と回答をするときのポイント

就職面接で想定される質問と回答をするときのポイント

質問に答える形で、就職面接は進行するものです。

就職面接を成功させるためには、質問者の気持ちを測りながら、答えを返す必要があります。就職面接の序盤では自己紹介や経歴についての質問が行われ、その答え方から仕事に適した能力を持っているのかが判断されます。今まで自分がどんな経験をしており、何ができるのかを通して、自分はどんな人間かを、まずは企業側に知ってもらいます。

ある程度の紹介が終わると今後どんなふうに働きたいと思っているかや長所や短所などが話題になります。あなたの長所を知るとともに短所がその企業にとってマイナスとならないかを判断したり、あなたのキャリアプランがその企業で実現かのうなのかといったことをチェックします。

自分の至らない部分をどう捉えていて、これから先どうつき合っていくつもりがあるかを、客観的な視点で分析する必要があります。企業がどんな働き方を期待しているかや自分がその会社で何ができるかを考えて、将来的な希望を語りましょう。就職面接の終盤では、最後の質問はありますかと逆に質問されることがありますので、面接中に不明な点があればここで質問をしておきましょう

質問という形を取ることで、自分がどんなジャンルに関心を持っており、何を知りたいと考えているかを相手に知ってもらえます。 色々な質問をされることを想定して、就職面接の準備をしましょう

その質問で何を面接担当者は知りたいのかを考えて回答をしていくことがポイントです。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});