転職活動は並行して何社も受ける理由

転職活動は並行して何社も受ける理由

スムーズな転職活動をするポイントは、候補となる数社に対して、同時に応募をかけるというところにあります。

複数のエントリーは天秤に掛けるようで後ろめたい気になりますが、してはならない事ではありません。転職活動中に気になる求人が複数出てきた場合には、どれか1つに絞るのではなく、並行してアプローチしていきましょう。

複数の企業に対しての転職活動を行うことで、これはと思った企業への応募のチャンスをとりこぼさずに澄むでしょう。転職は時間がかかるものですので、一つの企業に応募をしても、面接が終わるまで日数を要します。仮に求人に応募をして、面接を受けたとしても、結果が出るまで何週間もかかっても構わないという人なら、のんびり待っていればいいわけです。

しかし、大抵の人は、可能な限り早く次の仕事と収入のあてを得たいと思っています。複数並行して転職活動を行うポイントは、他の会社の内定が出た場合、いつまで回答を待ってくれるか確認することです。他の会社で選考待ちという事も素直に伝えて、それで不採用となってしまう会社であれば、それまでの縁です。

面接では、他社の求人に対して応募中かどうかを、尋ねてくる企業も少なくありません。結果待ちの会社が何社かあるなら、そのあたりもごまかさずに話したほうが、結果的には好感触を得られることも多いようです。

辞退の連絡をずるずるとしないでいるとトラブルの原因になりますので、入社する会社を決めたら、早めに他の企業のも連絡をしましょう。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});