人材採用をする企業は面接を重視

人材採用をする企業は面接を重視

最近は、企業の景気が上向いていることから、求人を増やす企業が増加しています。

色々な求人があればあるほど、応募者の立場からしても、希望の条件に合致する求人を探しやすくなりますし、助かるものです。ですが、メリットばかりではなく、注意しなければならないことも存在しています。応募してきた人を十分に吟味することなく、採用を決めて頭数を確保しようとする企業もあります。

採用が決まったという人も、自分が価値ある人間だから採用されるのだという誤った価値を持つような人もいます。仕事をはじめてしばらくしてから、適性面に問題があることに気づく人もいます。会社が求める人物像に近い人かどうかをはっきりさせるために採用試験の場では、最終段階として面接を受けることになります。

採用面接の方法は企業によって異なり、1対1での個別面接や多対1の面接、多対多のグループ面接などがあります。上層部の判断があることが理想的です。大抵の場合は、事前に提出している履歴書や職務経歴書を見ながら話を進めます。とはいえ、履歴書に書いてあることをなぞるだけの質問であれば、警戒する必要があるでしょう。

会社側が、本腰を入れて人を採用したいと思っているならば、面接の場で、履歴書をただ追認するだけの質問だけということはありません。もしも、面接でいい人を見つけ出したいと会社が思っているならば、履歴書を確認するだけの面接をする必要はありません。

企業サイドが、真に会社にとって有益な人材を見つけ出したいと思っているならば、形ばかりの面接に終始するといったことは起こりえないでしょう。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});