仕事を辞める理由について

仕事を辞める理由について

仕事を辞める理由の伝え方次第では、会社の人が不満に思ったり、不愉快になるケースがあります。

仕事を辞める時には、どんな言い方をするかで、和やかに会社を去ることができるかが決まります。もしも、仕事を辞める動機が、会社に対して7不満が蓄積した結果なら、言い方も考える必要があります。どうせ辞めるのだからと上司に対して不満をありのまま話したりすると結果的に自分に損になることもあるでしょう。

会社への不満は、会社のあり方を見直すという点では、ありがたい意見として受け入れてくれるかも知れません。けれども、一つ一つは些細な事柄で、積み重なって仕事を辞めることに繋がったと言われても、会社は対応のしようがありません。

本当に改善の余地はなかったのか、いま一度考え直すように引き止められる可能性もあるでしょう。大仰な言い方をして、辞めることを正当化するという作戦も、こじれる原因になる可能性があります。スムーズに仕事を辞めるためには、ポジティブな理由で辞めたいという形にするのがいいでしょう

転職先が決まっている場合は、転職後の仕事が自分にとってよりよい条件であることを言えばOKでしょう。資格など目指したい分野があるなど、これからの方向性を伝えて、仕事を辞めるという事もできるでしょう。

自分は仕事をやめても、上司や同僚はその会社に留まっているわけですから、不用意に会社への不満や悪口を口にして、相手の機嫌を損ねてしまったり、反感を持たれてしまっては、仕事を円満に辞めることが難しくなります。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});