事業資金融資の注意点

事業資金融資の注意点

事業資金を融資してもらいたい場合、まずは公的融資などが利用できないか確認してみることが基本になります。

日本国内では公的機関が事業資金の融資に力を入れているため、条件が合えば使うようにしたいものです。



目次

注意点

低金利で融資が受けられる反面、公的融資は手続きや審査が長くなりがちなので、早く資金を得たい人には向いていません。

また、公的融資の目的は新規店舗の開店を支援するためのものが多いようです。事業がある程度進んでいる時に、追加資金としては使いにくいようです。もしも、創業してから時間がたっている会社の事業資金を必要とする時には決算書の作成が必要になります。

事業内容がよくない場合や社の抱える負債が大きい場合は事業資金の融資審査に落ちることがあります。何らかの担保を用意しなければならない場合もあります。事業資金の場合には審査の際には代表者の個人としての債務状況などもチェックされます

ノンバンク系の金融会社から借りる事業資金は申込みから審査終了まで2、3日程度で終わらせることができるとされています。近年では審査が一時間程度で終わってしまうという金融会社もあります。事業資金の融資を民間に頼んだ場合、銀行や公的融資と比較するとかなり早く結果が出たりします

すぐに融資が受けられはしますが、金利が高めで、借り入れ可能な金額も少なめなところが多いようです。

あらかじめ、金融会社ごとの金利や限度額を把握しておくことで、事業資金の融資元を選びやすくなります。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});