ローンの一本化の注意点

ローンの一本化の注意点

ローンを一本化したいと考えている場合、まず現在の要返済額を把握する必要があります。

 ローンの一本化にもさまざまな手続きが必要ですが、すべてを金融機関にゆだねるわけにはいきません。



ローンを一本化

まずは今ローンを借りている会社の中から、借入枠に余裕が残っているローン会社を探し、そこを利用して借り入れ社数を減らすことから始めます。たくさんのローン会社を少しずつ整理していって把握できる程度の数にまとめてから、ローンを一本化します。

一本化の際のポイントは毎月のローン支払総額が無理のないものになるようにすることです。目安としては毎月の給料の五分の一にすればよいでしょう。

ローンを一本化するのは月々の返済を楽にし、確実に返済が進むようにするためですので、一本化して返済ができなくなっては意味がありません。一本化をする過程でローン会社に返済をし終わると、そのローン会社から新たな融資広告や案内を受け取ることがよくあります。

何のためにローンを一本化しようとしているか忘れないようにしましょう。余裕が出てきているからといってそこで新たにお金を借りたりしてはいけません。融資話に乗って新しくローンを組んでしまったら、ローンの返済を楽にする道が遠のいてしまいます

金融機関であればどこであってもローンの一本化ができるというわけではないので、そこにも注意が必要です。ローンの一本化に対応してくれる金融機関であっても、当然ながら信用調査や貸し出し審査が行なわれます。その結果によっては目論見が外れることもありえるのです。

ローンを一本化することができなかったとしても、その過程で返済を楽にできる可能性もありますので、現在返済に困っている場合は一度検討してみましょう。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});