食事制限とダイエット

食事制限とダイエット

ダイエットをよく知らない人は、安易に食事の量やカロリーを減らせばいいと思いがちです。

食事は軽々しく減らせるものではなく、ダイエットは考えることが多いものです。一時的に食事量が減ったり、過ごしにくい事態でも生命活動が営めるよう、人の体には様々な工夫がされています。



ダイエットで起きる体の変化

食事の量を減らすと、体は代謝を下げてエネルギーを使わないようにします。食事を減らすダイエットは、体への負担がかかるダイエット方法です。

食事によるカロリー補給に制約を加えるダイエットは、最初のうちは気力で耐えていても、いずれ空腹が辛く感じるようになります。

時にはストレスが高じて過食に走る人もいます。間違った食事の摂り方をして、体に負担のかかるダイエットは、いずれ大きなリバウンドが来てしまうことでしょう。

ダイエットを成功させるには、無理を感じるようなことはできるだけ避けることが重要です。嗜好品や甘いものも一切中止してもストレスが貯まるばかりですから、ダイエットを妨げない程度に好きなものも食べるようにしましょう。

ダイエットは即座に効果がでるものではないようです。ダイエットをしているのだからと食事を摂らなかったり、低カロリー食品だけを摂取して体を壊してしまう方も少なくありません。体に必要な栄養の補給ができず、食事量を減らすばかりのダイエットをしていても、ダイエット効果はわずかです。

たとえ食事量を減らしたとしても、少ないカロリー量で生命活動が営めるよう代謝を減らし脂肪を使わない体を人は作るため、逆に脂肪が貯まりやすい体質になることがあります。



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});