人には言えない!標準体重と理想の体型

人には言えない!標準体重と理想の体型

自分の標準体重を踏まえた上で、健康状態の維持に理想的な体型や体重を目指しましょう。標準体重の計算方法はいくつかりありますが、最も一般的な方法がBMIという計算方法です。

BMIは、標準体重を決めるために使うことになっている式があります。BMIによる計算をした場合、標準体重はBMI22です。統計上、BMI22の人が最も高血圧や高脂血症になりにくく、肝障害や耐糖能異常になりにくいとされています。BMI法には体脂肪率などは加味されていません。

筋肉が多いひとでもふつうではない!?

筋肉が多い人でも、脂質が多い人でも標準体重には差がないということになります。標準体重で出た数値は、標準体型とイコールというものではありません。体内にどれだけの脂肪と筋肉を貯えているかで、同じ標準体重でも体型は異なります。脂肪が多い人の方がふっくらとして見えるしょう。

一方で筋肉質な人は体型以上に体重が重く出てしまうので、肥満と混同しないようにする必要があります。どういった体型を目指しているかによっても、理想の体型は異なります。

スリムな体になりたいと考えている人もいますが、筋肉質であることに憧れている方も存在します。標準体重は明確な指針がありますが、体型に関してはどういった体型が好ましいかは人によりけりです。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});